次点繰り上げ詐欺の犯人は出品者だったw

スポンサーリンク

以前、吊り上げに合ったことがあります。
自分と競っているIDの挙動が明らかに不審で、ピン!とくるものがあったのです。

なので、かなり欲しかった品で予算的にも余裕はあったのですが、競り合いから降りました。
結局、自分と競っていたIDが落札してオークションは終了しました。
正直ちょっと残念ではありましたが、吊り上げのカモになるのはもっとイヤなので諦めました。

ところが、1週間後、出品者から連絡があったのです。

「落札者から連絡がこないので、次点のあなたに譲りたい」
「落札者都合で削除すると、落札者に自動的に”非常に悪い”評価がついて可哀想だから」等々…

でも、連絡もしてこないような不誠実な落札者が「可哀想」でしょーか?

私も出品しているので多少は気持ちが分かりますが、同じ状況だったら多分、ムカついて削除します。
一定の期間内に削除しないと、自分は悪くないのにシステム利用料をYahoo!にとられちゃうし。
もし報復評価されたらイヤだけど、返答欄に事の経緯を書いておけば見る人は見てくれるし、まぁいいかな、と。

普通の出品者なら「サクッと削除する」か「自分が報復評価されたら嫌だから、Yahoo!に払う手数料分は諦めて削除せずに放置」という選択肢はあっても「可哀想だから削除しない」という判断はしないと思います。

でも、ぶっちゃけ、このバッグは欲しいし(笑)
予算の半額程度だし。うーーー

ちなみに、この出品者は私が出品している商品の質問欄から連絡してきたので、間違いなくあの時の出品者です。
もし直メールであれば、流行りの「次点繰り上げ詐欺」の可能性が濃厚ですが、IDで確認できたので間違いありません。
(次点繰り上げ詐欺については、機会があれば紹介します)

なので、キチンと落札者を削除してくれないと取引できないと伝えました。
なぜなら、落札者を削除しないと私は次点落札者に過ぎず落札者にはなれないので、オークション外での取引になってしまいます。
これは違反行為であり、最悪の場合にはアカウント停止されてしまいます。

普通であれば、こんな怪しい橋は渡りませんが、とにかく欲しいバッグだったので(笑)

いくつかのオークション系の掲示板で相談してアドバイスを受け、これは半分バクチでもありましたが、さらにYahoo!に相談メールを送ってみました。
Yahoo!からは例によってコピペの回答でしたが、翌日あっさり例の出品者と落札者のIDが「利用制限中」になっていました。。。

やっぱりなぁ。

やっぱり自作自演の吊り上げで、さらにオークション外での取引を持ち掛けてきたので、ルール違反で利用制限されたのだと思われます。
あのカバンすごく欲しかったんだけど、今回は縁がなかったと諦めることにします(´・ω・`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました