評価が良くても油断は禁物!

スポンサーリンク

以前に、偽ブランドを落札してしまったコトがあります。

よく見るお馴染みのフレーズ「正規店外での購入につき…」
まだ純粋だった(?)私は、これが偽物のサインだとは気づきもせず、
アウトレットの型落ちとか少々難ありの品だと思いました。

アウトレット上等、小キズなら気にしない!
そう思って買ったのがベーシックな○ラダのバッグです。

評価1000以上ですべて良いの出品者だし、怪しげな某国でなく
フツーに一般人ぽい感じだったので、全く疑いませんでした。
きっと海外旅行に行ってアウトレットで買ったブランド品を
時々ヤフオクで売ってお小遣い稼ぎしてるのかなぁ~なんて。

でも届いたのは…

!!!!!ヽ(‘Д´)ノウワァァァン !!!
コンナノプラダジャナイ!!!!!

不審に思って評価をよ~くチェックしてみると、
何だか微妙なコメントがチラホラ見受けられます。
「届きました。」だけの、やけにそっけない評価や
「良くできていて嬉しいです」みたいな???な評価。

届いてみたら偽物だったΣ(゚д゚lll)という人は前者で、
偽物でもいい安く買いたい♪という人は後者かと思います。

この出品者は良い評価が1000以上もあったのですが、
実はヤフオクでは大抵の人が「良い」評価を入れます。
悪い評価を入れて、報復で悪い評価をされるのがイヤだからです。

たまに「偽物です!」と悪い評価を入れている勇者もいますが、
ほとんどの人は「悪い」評価を付ける勇気がないのが現状です。
たとえ、相手が偽ブランド売りであろうとも…

これじゃ評価は機能していないも同然です(´・ω・`)

結局は自己責任、自分の身は自分で守るしかないのですが、
初心者にそれを求めるのは若干酷な気がします。
だからネットはいつまでも怪しい、危険視されるんでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました